友人に聞かれた、「自分が結婚しないことについてどう見る?」。

NewImage

昨日、アラフォー独身の友人Aくんと飲みに行ったときに、
「自分が結婚しないことについて、どう見る?」って聞かれた。

彼はモテるけれど独身のほうが楽しいというひと。

独身だと時間はたっぷりあるから、
彼を見るたびに自由人だなぁ、って
うらやましくなるときもありますw

でも、周囲からは「何で結婚しないの?」と聞かれることが
多くてうんざりしているみたい。

「何で結婚しないの?」っていう質問の裏には
結婚を「選択肢」ではなく、「ステータス」としてとらえてるにおいがする。

結婚しようが、子どもが生まれようが
人生の楽しさや満足度は変わらない。

そりゃ、子供いると時間はなくなるし大変なこともある。
反面、家族がいていつもにぎやか。

独身なら自由に使える時間も多いし、時間的な自由はほんっとに幸せ。
(ちょっと戻りたいなぁ・・・)

結婚して子どもを生むことの意味は
「人を育てることで自分が成長できる」ってことなんだと思う。

人を育てることって、何より難しい。
子どもの人格を尊重しつつ、育てるってけっこうな忍耐。

子育ては自分が大きく成長するプロジェクト。
代わりに自由な時間は激減するけれど、時間の使い方はうまくなる。

独身もDINKも時間が自由になるぶん、
子持ちにはできないいろんなチャレンジができる。

「なぜ結婚しないの?」という言葉には、結婚をステータスというか、
ひとつのゴールとしてとらえていて、いまを楽しんでないにおいがするなぁ。

下記アカウントをフォロー頂ければ更新情報を受け取れます!
Twitter:@orangutan_taku