締め切り、意識してますか?ワーママ・パパの生産性が高いのは「締め切り」を意識しているから。

子育て中のワーママ、ワーパパに朗報なニュース!!

子育てとマネジメントスキルって似てる。

小学校低学年の場合、「宿題を早々と済ませる」習慣をつけさせたいんですよねぇ。でもこれが難しい。
「どうやったら宿題をやるか」試行錯誤したけどなかなかうまくいかず・・・。

意外なことに、帰宅後の動線を変えることで宿題をやるようになって解決したんですよ。

玄関から一番離れた部屋が居間で、そこに娘の机も置いていたけれど、これがダメだったみたい。
「下のきょうだいたちが騒いでて集中できない。」っていうことで、玄関の隣にある部屋に机移動したら、帰宅してそのまま机に向かって勉強するようになった。

子どもの考え方や性格の問題じゃなくて仕組みの問題だったんだなあ。
そんな試行錯誤を家でも重ねて経験つんでいるワーママ・ワーパパが仕事できるのは当然なんですよ。

子だくさんの母親ほど、仕事の生産性が高まります。これはたとえば、授乳をしながらお昼ご飯を準備しつつ、烈火のごとくメールを送りまくるスーパーママのおかげです。Federal Reserve Bank of St. Louisの研究では、30年のキャリアの中で、母親は子どもを持たない女性よりも業績がいいことがわかりました。とりわけ、2人以上の子どもを持つ母親の生産性がもっとも高かったそうです。なお、子どもの人数と仕事での生産性の相関は、男性でも見られました。しかし、女性のほうが顕著でした。

正直なところ悔しい気持ちもあるのだけれど、子どもを保育園に迎えに行くという使命を帯びたのワーママ・パパの生産性は異常なくらいに高い。
ずっと120%の力で仕事をしてだせるレベルのアウトプット。

わたしも保育園にお迎えに行く日のほうが生産性が高い。

能力の問題じゃなくて「締め切り」を意識して仕事せざるを得ないんだよね。

締切の力は偉大。締切を意識して仕事してますか??

下記アカウントをフォロー頂ければ更新情報を受け取れます!
Twitter:@orangutan_taku