東京のベッドタウンにある家の庭でバーベキュー。その帰り道に妻から意外な発言。専業主婦(主夫)は捨てて外に出よう。

NewImage

今日は妻の職場の同僚宅にてバーベキュー。

東京にドアtoドアで1時間程度で通勤できるベッドタウンなのに畑もあって緑豊か。

エゾジカが手に入ったそうで頂いたけれど、ジビエ特有の固さがない。
さくっとソーセージのように噛み切れるし、味もさっぱり。

やっぱりバーベキューはいいなぁ。

腹いっぱい食べ、同僚宅の子どもたちと仲良くなって「帰りたくない!!」と泣きわめく次男をなんとかなだめた
帰りの車の中での妻との会話。

今日、Aさん宅のBBQ行ってよかった??
takuya
うん、よかった。最近会う人の幅が狭くなっていたから刺激になったよ、ありがとう。
Aさんや会社の人たちみてどう思った??
takuya
う〜ん。一言で言うと「大企業で働くひと」って感じだったなぁ。守られている感じはあるけれど、Aさんはそんな中でも変えていこうと頑張っているね。
注:今回集まったメンバーの中では、39歳のわたしが最年長
takuya
Aさんは今の職場にずっといる気がしないなぁ。どこかで辞めそう。
えええっ!!!やめてよ~。わたしAさんにすごく期待しているんだから!!
takuya
いまの会社が悪いとかじゃなくて、組織が大きすぎる。
Aさんはもっとコンパクトな場のほうが力を発揮できると思うよ。
う〜ん・・・じゃあわたしは??
takuya
う〜ん・・・・。
いまの会社に限らず、大企業が合うかどうか。
takuya
合うんじゃない??きみは職人タイプだし。
何でも自分でやるというよりは、専門にしたこと以外はやりたくないタイプだよね。
わたしの中ではフリーランスも有りだと思ってるんだよね。
自分がその専門性を発揮する仕事の全工程を把握している前提なんだけど、色々と最善策を考えるのは楽しいんだよね。
takuya
ああ、それはあるかもね。特に聞こえないと全体が見える仕事のほうがやりやすいしね。
ライフオーガナイザーも、専門職だけど全工程に関われるしさ。
そう。聴覚障害者でライフオーガナイザーの講座受けたのってたぶん私が初めてなんじゃないかって思ってて。
どういう商売の仕方、どう役に立つかっていうのは考えなきゃいけないけど、同じような聴覚障害者向けなら非常にやりやすい面もあるし、喜んでもらえるかもしれない。
また、東京という大きなマーケットだとライバルは多いけれど、競合を避けて地方でやる手もあるし。
takuya
いいんじゃない??
特に自分がライフオーガナイズが好きだと思うんであれば、早くやったほうがいいよ。
うん、ただ迷っててさ。
確かにライフオーガナイズは好きだけれど、自分の生活が快適になるのが好きなのか。
他人の生活も快適にすることも好きなのか。そこが踏み出せない理由なのよね。
takuya
あー、こればっかりは会社を飛び出しみないとわからないね〜。
今度、ライフオーガナイズやっている人に相談してみたら??

そんな感じで妻のこれからの仕事について語ってたけれど、
妻から「フリーランスもありだと思っている」って言葉が出てくるとは思わなかった。

育休で外との接点がなかったころは、ひたすら「お金を貯める」「リスクを避ける」ことに目が行っていた。

復職して1年経って自分が本当にやりたいことはなんなのか。
どうせ働くなら、好きなことをやりたい。

迷いながらも、フリーランスも選択肢に入れる攻めの姿勢になったのはやっぱり働いているから。

働くということが、自分の人生を考える機会を増やすし、
より楽しい人生を、と人生をエンタメ化させていく。

そして何より、夫婦の会話が楽しくなりますよ〜!!

ぜひ、外に飛び出してみてください(^^)

下記アカウントをフォロー頂ければ更新情報を受け取れます!
Twitter:@orangutan_taku